おはぎの妊活プロフィール

不妊治療継続中の為、このページは随時更新されていきます。
おはぎの妊活日記目次
1話から最新話までの妊活日記一覧です。
少し読み込みに時間がかかります。

おはぎの妊活記録

おはぎの妊活記録
  • 2016年8月
    初めての妊娠
    近所の小さなレディースクリニックへ。お話はこちら
  • 2016年9月
    初めての流産
    胎嚢確認後流産。お話はこちら
  • 2017年1月
    自己流妊活開始
    流産後、自己流妊活開始。

    結果出ず…。お話はこちら

  • 2018年4月
    大きな総合病院へ転院
    不妊治療も本格的に開始。お話はこちら
  • 2018年7月
    初めての人工授精
    お話はこちら
  • 2018年9月
    不妊治療専門クリニックへ転院
    体外受精を視野に入れ始め転院。お話はこちら
  • 2018年12月
    体外受精開始
    お話はこちら
  • 2019年2月
    2度目の流産
    お話はこちら
  • 2019年3月
    次の体外受精に向け子宮の状態を良くするため、ジエノゲスト服用。
    お話はこちら
  • 2019年7月
    ジエノゲスト終了後、リセットのためピル服用中
    お話はこちら
  • 2019年8月
    2度目の体外受精開始
    お話はこちら

おはぎ(と旦那)が受けてきた検査

旦那
旦那

あくまで私たちが受けてきたものになります。

おはぎ
おはぎ

これ以外にも不妊治療の検査はたくさんあります。

AMH検査

卵子の数卵巣の年齢がわかります。(卵子の質はわかりません。)

おはぎの場合は、4.75ng/ml30代前半としては平均的な数値でした。

ステップアップの検討材料にもなります。

お話はこちら

HSG(子宮卵管造影検査)

この検査で子宮内腔の状態と卵管の通過性がわかります。

検査で卵管に造影剤を流し込むため、卵管の通りがよくなり、検査後はゴールデン期間と呼ばれ妊娠しやすい時期と言われています。

この検査で、おはぎは左の卵管が詰まって癒着していることが判明しました。

お話はこちら

※選択的卵管造影検査というものもあり、こちらの方が痛みは少ないみたいです。

血液検査

排卵期や黄体期などにホルモン検査としてする場合。

お話はこちら

甲状腺機能検査、抗精子抗体、クラミジアの検査としてする場合。

おはぎの場合、甲状腺機能検査で引っ掛かり、今でもチラーヂンを服用しています。

※妊娠を望む場合は、値がシビアになるそうです。望まないのであれば適正範囲と言われました。

お話はこちら

hCG検査

妊娠している状態かどうか判断する検査。

hCGは受精卵が着床すると増え始めます。

妊娠検査薬は、このホルモンをキャッチして反応します。

お話はこちら

超音波検査

頻度多めの検査で子宮や卵巣の状態を調べます。

卵胞の発育をみたり、排卵日の予測をしたり、子宮内膜の状態を診たりする際に行います。

お話はこちらこちらこちらこちら等。

精液検査

男性が受ける検査です。

検査日の朝、家で採精し持っていくか、病院内で採精するか選べました。

お話はこちら

フーナーテスト

夫婦生活の後、実際に頚管粘液の中に精子が進入できているかを判定する検査です。

夫婦生活を行い3時間以内に病院にて検査を行います。

お話はこちら

子宮鏡検査

内視鏡で子宮内の様子を見る検査。

超音波検査や子宮卵管造影で異常が疑われる際に行う精密検査。

子宮内膜ポリープや、筋腫の有無、子宮奇形などを調べます。

お話はこちら

受けていないが妊活日記に登場した検査

ERA・EMMA・ALICE

先進不妊治療検査になります。

主治医に紹介された検査になります。

お話はこちら

妊活日記に出てくる病院

◆近所のレディースクリニック

最初の妊娠の際に通った病院。

流産手術後は通ってません。

大きな総合病院

母の勧めで不妊治療を始める際に通った病院。

タイミング法、人工授精を行うが妊娠に至らず。

体外受精の説明を受けたが、悩んだ結果、ここでは行わず転院する事に。

不妊治療専門のクリニック

現在も通っている体外受精の為に転院してきた病院。

通院当初は、タイミング法を勧められ、しばらくはタイミング法で頑張るが妊娠せず。

ステップアップで人工授精はせず、体外受精を行う。

妊娠するが、流産。

ジエノゲスト服用中。現在に至る。

近所の内科

体外受精・採卵周期の後、胃痛で苦しんだ時に通った病院。

◆腎臓内科

尿検査で引っかかった時に、精密検査をしにいった病院。

甲状腺専門のクリニック

総合病院で甲状腺を診てもらっていたが、後にこちらへ転院。

現在もチラーヂンを処方してもらうために、たまに通院中。

お話はこちら

 


スポンサーリンク