スポンサーリンク

【動画】妊活日記#040~045【はじめての人工授精 後編】

今回の動画は、妊活日記の40話から45話をまとめたもので、【はじめての人工授精 後編】になります。

この頃は、妊活がうまくいかず気持ちばかりは焦り、精神的に不安定な時期でした。

※内容について、あくまで体験談になりますので、より正確に確認したい方は主治医にご相談するようお願いいたします。

 

おはぎのきもち/不妊治療漫画 妊活日記#040~045【はじめての人工授精 後編】

旦那妊活日記⑥

旦那
旦那

こんにちは、旦那です。

さて、第6回目、張り切って書いていきます。

今回は、はじめての人工授精を終えたあたりの時期ですね。

結果は、残念な方でした。

この頃は、病院通いも日常と化し、人工授精もうまくいかないという状況から、ネガティブな感情が出ていた時期かと思います。

旦那としては、おはぎが元気で夫婦二人仲良くしていれば、それで十分幸せで、不満はないのですが、そこは、男性と女性の考え方なのか、私、旦那がのほほんとしすぎているのか…。

どちらにせよ、おはぎはそうはいかないようです。

—-

不妊治療や妊活をする際の、夫の支え方というのは、今でも悩む事は多いです。

メンタル的な部分では、プレッシャーを感じてほしくないので、あまり過度な期待や発言はしないようにしているのですが、それは無関心とも捉えられてしまう可能もあるわけで、なかなか難しいです。

あと、どうしても病院や、治療を受けるのは女性が多くなりますので(男性不妊の場合もありますが)当事者意識が乏しくなり、こちらは無関心に陥りがちです。

 

金銭面については、頑張って稼ぐという選択になるのですが、仕事を頑張りすぎて、家庭を疎かにしてしまう男性も多いのではないかと思います。

頑張って稼ごうとすればするほど、疲れてしまって家でのタイミングが億劫になったり…。

タイミングを取ってくれない夫を、奥さんが見て更なる悪循環となってしまったりと、夫の支え方で妊活や不妊治療の成否も変わってくるのでは、と考えています。

今でも悩む部分で、明確にこうしたらいいというのは、個々の家庭によっても違うのかもしれませんが、

【奥さんに無関心と思われないように、当事者意識をもつ】

というのが、男性妊活の第一歩かなと思っています。

今回はここまでで。でわでわ

旦那


スポンサーリンク

続きはこちら↓

【動画】妊活日記#046~053【ステップアップ検討編】
【おはぎのきもち】で連載している妊活日記を、3分動画にしたものになります。また旦那視点で見た妊活日記も連載しています。

前回はこちら↓

【動画】妊活日記#031~039【はじめての人工授精 前編】
【おはぎのきもち】で連載している妊活日記を、3分動画にしたものになります。また旦那視点で見た妊活日記も連載しています。