スポンサーリンク

【動画】妊活日記#290~296【2度目の移植周期スタート編】

今回の動画は、妊活日記の290話から296話をまとめたもので、【2度目の移植周期スタート編】になります。

おはぎのきもち/不妊治療漫画 妊活日記#290~296【2度目の移植周期スタート編】

※内容について、あくまで体験談になりますので、より正確に確認したい方は主治医にご相談するようお願いいたします。

旦那妊活日記44

旦那
旦那

こんにちは、旦那です。

第44回、春めいてきましたね。

さて、動画の方では、2度目の移植周期がスタートした頃のお話で、腕に大きいしこりができるという謎の症状が出ていた頃になります。

今思えば、何てことのない話なのですが、あの当時は移植時期も決まっていたので、夫婦そろってどうなるのかハラハラ。

MRIまで撮って調べたのですが、結局原因はわからず、その後、放置を続けているうちに徐々に小さくなり、現在、しこりは完全に消えてしまいました…。

旦那
旦那

はた迷惑な謎のしこりでした

 

動画から少し話題を変えて、

前回、東京には東京都妊活課とかあっていいなぁと書いたのですが、我々夫婦が住んでる福岡市は、令和2年度から不育症の検査治療助成を始める方針がきまったようです!

不育症の検査治療助成へ|NHK 福岡のニュース
妊娠はするものの流産や死産を繰り返す「不育症」について、福岡市は、5万円を上限に検査や治療の費用を助成する事業を、令和2年度から新たに始め…
旦那
旦那

福岡も素敵やん!

助成の対象も

流産や死産を2回以上、繰り返している妻が、治療開始の時点で43歳未満であることなど一定の条件を満たした夫婦が助成の対象で、医療機関が作成する証明書などを市に提出すれば助成を受けられます。

とのことなので、私たちおはぎ夫婦も助成対象になりそうです。

ただ、その他詳細を知ろうと福岡市のページを探してみたのですが、まだ(3/25現在)そういったページは見つけられませんでした。

細かい情報は追々でてくるのかなと思っています。

 

令和2年度当初予算案の特色に不育症検査費・治療費の助成の文言はありました。

 

助成してもらえる検査と治療の範囲がどの位なのかは気になる所ですが、前回と同じく自治体が後押ししてくれるのは本当にありがたいですね!

今回はここまでで、でわでわ。

旦那


スポンサーリンク

★☆ホームに戻る☆★

Home
『おはぎのきもち』のホーム画面です。

前回はこちら↓

【動画】妊活日記#285~289【実姉の出産祝い編】
【おはぎのきもち】で連載している妊活日記を、3分動画にしたものになります。また旦那視点で見た妊活日記も連載しています。