スポンサーリンク

妊活日記482 リュープリン注射当日7

不妊治療を描いたコミックエッセイ、おはぎの妊活日記

不妊治療を描いたコミックエッセイ、おはぎの妊活日記

不妊治療を描いたコミックエッセイ、おはぎの妊活日記

不妊治療を描いたコミックエッセイ、おはぎの妊活日記

不妊治療を描いたコミックエッセイ、おはぎの妊活日記

旦那
旦那

ジエノゲストの個人的感想

あくまで個人的な考えですが、子どもを望む場合のびまん型子宮腺筋症の治療は、ジエノゲストよりリュープリン注射(GnRH アゴニスト療法)の方が良いのかなぁと思っています。

ジエノゲストも今回の日記にある様に、肥大抑制の結果もでてるので、こちらはこちらで正しい治療なのでしょうが、

日本産婦人科医会の下記のページで

(3)子宮腺筋症への対応

※↑手術中の画像があるので苦手な方はお控え下さい。

ジエノゲストは

子宮腫大に対しては有効とする報告とそうではないとする報告がみられ,結論を得られていないのが現状である.

とあったり

(3)子宮腺筋症合併不妊への対応

ジエノゲストやLEP 製剤では,症状の改善は図れるものの,腺筋症病巣の縮小効果は期待できない.一方で,GnRH アゴニスト療法では腺筋症病巣は著明に縮小することから,子宮腺筋症合併の不妊女性においてGnRH アゴニスト療法後の妊娠例が報告されており,妊孕能改善効果が期待できる

とあったりするので、患者さんやクリニックによって対応は変わりそうです。

私たちのクリニックの場合、治療方針については話し合いで選択する事になりました。

妊活日記425 絨毛染色体検査結果日4
妊活の日々を綴った、おはぎの妊活日記です
妊活日記426 絨毛染色体検査結果日5
妊活の日々を綴った、おはぎの妊活日記です

リュープリン注射を集中的にやるプランもあったのですが、日記にもある様に不安定な時期だったため、副作用に不安があるリュープリン注射(GnRH アゴニスト)を集中的にやる治療に踏み切る事はできませんでした。

私たちにとってこの治療の選択は間違いとは思いませんが、もし前向きに治療できる精神状態であったなら、現状のジエノゲストとリュープリン注射の合わせた治療より、リュープリン注射の集中治療を選んでいたんじゃないかなと思っています。


スポンサーリンク

続きはこちら↓

妊活日記483 リュープリン注射当日8
妊活の日々を綴った、おはぎの妊活日記です

前回はこちら↓

妊活日記481 リュープリン注射当日6
妊活の日々を綴った、おはぎの妊活日記です